アナタの商品が売れない理由は、たった1つ。 ー 冷凍餃子を見て思ったこと ー

コピーライティング

どうも、のいまんです。

本日は、ライティングについて記事を書いていきます。

あなたの商品が売れないのは、たった1つなのです。

もっと簡単に言うと、これさえ気を配れば商品は売れるのです。

アナタの商品が売れない正体

アナタの商品が売れない正体は、ズバリ「文章を書く力」です。要は、ライティングスキルですね。

ライティングスキルとは、相手に伝えたい内容を分かりやすく、魅力的にする文章の書き方です。

なぜ売れないのか

なぜ、ライティングスキルが欠けていると商品が売れないのでしょうか。

結論から書くと、「文章が商品を魅力的に見せる」からです。

順番に説明していきますね。

まず、あなたはどうしてその商品を買いましたか?

おそらく感情を揺らされたからです。大げさに言うと感動したわけです。

「これカッコいいな!」、「あれ可愛いな!」、「これ美味しい!」と感じたと思います。

人間は、感情で行動し、その後に理論的に理由を後付けする生き物です。

では、どうやってお客さんに感動させるときどうしますか?

バイクや車などの乗り物なら、試乗したり、食料品なら試食したり、相手を感動させることに繋がるわけです。

では、あなたの商品は、乗ることができますか?食べることができますか?

出来ない方は、もう文章を書くしかありません。また万が一、乗ったり食べたりできても文章は書けるほうが強いです。

ということで、文章でアナタの商品を魅力的に見せるしかないわけです。

私、この事実を知ったときにすぐにライティングの勉強を始めました。

冷凍餃子を見て思ったこと

さて、商品を魅力的に見せる方法として、ライティングスキルの話をしました。

じゃあ、どんなライティングがいいのか。ライティングには、めちゃくちゃ数多くのテクニックが存在し、場面ごとに使い分けが必要です。

色んなテクニックがあるので、「ライティング テクニック」でも調べてもらったら、いくらでも出てきますので、それを参考にしてみてください。

ここで紹介するのは、基礎の基礎の基礎であり、私なりのライティングで意識していることを書きます。

私が意識しているのは、「相手に具体的な利益を想像させること」です。

さらに利益とは、お金(安いとか)、時間(お手軽とか)を狙いません。

これは、先ほども書いたように、人は感動したときに商品を買うのです。

そこで、みなさんにお聞きします。

お金が安くて、お手軽なだけ商品に感動したことがあるでしょうか。

この条件では、「感動したことあるよ!」って人がいると思います。私も思います。

例えば、「冷凍餃子」なんて感動しましたね。なぜ、感動したのでしょうか。それは、餃子の写真があったからです。

では、さらに条件を厳しくしましょう。

写真も材料に関しても買いていなく、「激安お手軽餃子」とだけ書かれた冷凍餃子を買いますか?

こうなってくると、さすがの大食いの私も手を出さないでしょう。

だって、怪しくないですか?どんな餃子なのか全く想像できないんですよ。

分かるのは、安いこととお手軽なだけ、、、

人によっては、餃子のバッタもんじゃないかと疑うレベルですね。

つまり、あなたの商品は、「激安お手軽餃子」状態なわけです。

私は、この状態だけは避けるように文章や商品を扱っています。

なんの取り止めもないこのブログ、文章も実は伏線の一部だったりします。

相手に与える印象は、感情の部分を狙うわけです。

冷凍餃子も写真や材料があるから、美味しそう!と心を揺らすことができるわけです。

冷凍餃子の写真や材料にあたる部分を、あなたのライティングスキルで魅力的に見せるわけです。

どうやって勉強したらいいのか

ここまで読んでもらい、ライティングスキルの重要性に気づいてもらえるとありがたいです。

伝わらなかったら、それは私のライティングがまだまだ伸び代があるということですね。

さて、どうやって勉強したらいいかを最後に教えます。

私がやったことは、たったの3つです。

①ライティングテクニックを調べる(ネット、書籍)

②実際にそのテクニックを使って文章を書く(ブログ、note、Twitter)

③知らない人の有料noteの導入部分だけ読む

たったこれだけです。

特に③の有料noteの導入部分を読むのは、非常に勉強になります。

上手な方は、ほんとにそのまま書いたくなりますね。下手な人は、きっと中身はいいんだろうけど、買う気になれないなぁ。となるわけです。

どういうことかというと、

導入部分でいかに相手に、この商品は魅力的であるということを書いてくれているか。

この差です。これだけです。ゆえに超重要です。

私にライティングを教えてくれた先生は、えげつないほどテクニックが盛り込まれてました。

それだけで勉強になりました。

ということで、今回の記事はこれで終わりです。

ちなみ、こういったブログ(私のじゃなくても)で得た知識は、すぐにツイートすることをオススメします。

知識をインプットしたら、即アウトプットも勉強の基礎ですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました