私が立ち直ることができたたった5つの方法

マインド

どうも、のいまんです。

見事に風邪を引いてしまい、喉がガラガラになっています笑

こういうときにも助かるのが、真面目系ネタのストックですね。ストックがあることで、ある程度余裕も生まれます。かといって、私のブログは、毎日更新するわけではないんですけどね。

さて、本日は、私が実践した挫折から立ち直る5つの方法についてです。

 

周りの人間関係がうまくいかず、挫折してしまう方は多いかと思います。また、人間関係だけでなく、自分の実力不足によって挫折してしまう方も多いかと思います。

 

挫折を味わうと、こんな辛い思いは、したくないと閉じこもる方もいます。しかし、それを乗り越える、メンタルの強い人もいます。今回は、挫折したときの立ち直り方を紹介しています。

 

ちなみに、昔の私は、自分にできなくて当然だ。だからこそ、もっとやらなければならないと毎日自分を追い込んで、ボロボロになっていました。しかし、今では、かなりメンタルが楽になりました。メンタルが強いという表現よりも、メンタルが柔軟になったという方が正しい表現かもしれません。

1. 自分の感情を認めましょう

メンタルの強い方は、辛い、恥ずかしい、怖い、怒りを感じても、それが、自分のどの部分から来ているのか、を考えることができます。

 

人は、悲しい、虚しい、寂しいという感情の方が、振り返りやすいからです。

 

例えば、「この人は、全く働いてくれない!(怒り)」をなぜ怒っているのかを考えていくと、「この人は、私のお願いしたことをやってくれないから、私は無視されたと思って悲しい」となるとします。そうすると、無視されないように自分が何をするべきなのか、と次につながるわけです。

 

自分の表面だけの感情ではなく、根源の部分まで見つめて、そんな自分を認めてあげましょう。

 

2. 現状の事実を見つめる

今、自分に起こったこと、起きていることから目を離さないことです。

 

問題を見れていない状態では、問題解決することができないからです。

 

例えば、ただ単純に仕事が辛いと思っている、辛いからやめる、では同じことが繰り返しになる可能性が高いわけです。何が辛いのか、どうして辛いのか、どうしたら辛くならないのかを考えると、次につなげることができると思います。

 


次の前へ踏み出す一歩のために、目をそらしたい今の状況を見つめるようにしましょう。

 

3. 挫折した自分を褒めましょう

挫折をしたということは、挑戦した証、また自分が本気で取り組めるほど好きなものだったと思います。それをまず自分自身に言い聞かせ、褒めましょう。

 

そもそも挫折を知らない人は、何も挑戦することなく、リスクを負わずに取り組んできたからです。

 

例えば、自分のこなせる仕事量をこなせなくて挫折したとします。私の場合、Twitter、ブログ、LINE公式、インスタ、これらのどこかで記事や投稿を毎日しています。普段は会社員をしています。タスクでパンパンの状態です。それでも、挑戦している自分ってすごい!と思っています。

 

挫折を経験したということは、あなた全力だったからです。そんな自分をまず褒めてみましょう。

 

4. 一つのミスで全て終わったと判断しない

たった一つのミスで、全部終わったと思わないことです。意外となんとかなります。

 

全部終わったと思うと、そこで思考停止してしまい、前に進めなくなるからです。

 

私も大学の研究で、実験データを全て消したり、書いた論文原稿が消えたときは、完全に終わったと感じました。しかし、割り切って、すぐに取り組み、周りにも相談して、どうにか解決することができました。


たった一つのミスで、自分の価値が下がったと思わないことです。そんなときこそ、あなたの本当の価値が試されるのです。私自身の価値は、作業量の限界突破、周りが助けてくれたことによる日々の信頼関係でした。

 

5. 自分をねぎらう

誰だって失敗が続いたり、自分の周りがうまくいっているところを見ると、自分がどんどん情けなくなり、虚しく感じてしまいます。そんなときこそ、自分のことをねぎらうことが大切です。

 

誰かがねぎらってくれるのを待っていると、いつまでも自分が辛いままだからです。

 

「頑張ってるなぁ自分!」、「うまくいかないのは、今疲れているからだから休もう!」、こんな感じで私はいます。また、私は毎日自分にご褒美をあげています。好きな映画を観ながら、ウルっとした状態で晩御飯を食べます。落ち着いたら、今度は笑えるものを観ます。

 

とにかく、あなたの体とメンタルが、あなたの資本であることを忘れないことです。決して、自分のことを責めたりしないことが重要です。

6.さいごに

私なりに挫折したときの気持ちの切り替え方や、普段から気を付けていることを書きました。一番重要なのは、挫折しても立ち直りたいという意志です。おそらく、この記事を読んでいただいた方は、挫折から這い上がりたい、復活したいと考えている方だと思います。

 

ですので、まずは「挫折から必死に考えて行動して立ち直ろうとしている自分って、えらいぞ、すごいぞ、かっこいいぞ」って思いましょう!

 

この記事を読んでくれた方でしたら、その言葉を受け取ってもらえると信じています。

 

私の LINE公式では、より詳しく人との接し方や人間関係についての情報を発信しています!

みさなんのご登録お待ちしています!よろしくお願いいたします!

 

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました